nKアーカイブ

旅行やドライブで撮り貯めた写真と、行く先々で生じた疑問を調べた「自由研究」を紹介しています。

2017年9月 EF63 10 電気機関車【碓氷鉄道文化むら】(その2)

2017年9月9日 碓氷鉄道文化むら(群馬県安中市松井田町)
EF63 10 電気機関車
旧信越本線 横川~軽井沢間にある碓氷峠の急勾配区間での協調運転のため、軽井沢側の正面には様々な列車に対応するための各種ジャンパ連結器、電車の牽引にも対応できる双頭型両用連結器を備えている。運転席脇の白い棒は、無線列車用のアンテナ。
EF63 10 電気機関車【碓氷鉄道文化むら】
続きを読む

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

2017年9月 碓氷第三橋梁(めがね橋)【アプトの道】

2017年9月9日 群馬県安中市松井田町
碓氷第三橋梁(めがね橋)
1893年(明治26年) 旧信越本線 横川~軽井沢間にある碓氷峠の急勾配を越えるために建設されたアプト式鉄道(旧線)のレンガ造りの橋梁。1963年(昭和38年)に新線が完成するまで使用された。現在は、横川駅と旧熊ノ平信号場を結ぶ遊歩道「アプトの道」のルートとして整備されている。
碓氷第三橋梁(めがね橋)【アプトの道】
続きを読む

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

2017年9月 EF63 10 電気機関車【碓氷鉄道文化むら】

2017年9月9日 碓氷鉄道文化むら(群馬県安中市松井田町)
EF63 10 電気機関車
旧信越本線 横川~軽井沢間にある碓氷峠の急勾配区間が、アプト式の旧線から粘着運転方式の新線に切り替わる際に開発された補助機関車。各台車の中央には、急勾配上で停車する際に使用される電磁吸着ブレーキが装着されている。その内、中間台車の片側には過速度検知装置(OSR)の遊輪が取り付けられている。
EF63 10 電気機関車【碓氷鉄道文化むら】
続きを読む

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

2017年9月 第10号トンネル【アプトの道】

2017年9月9日
第10号トンネル
旧熊ノ平駅から横川駅の間のアプト時代の旧線跡に整備された遊歩道「アプトの道」。強い陽射しを避けトンネルに入ると、ひんやりとして心地よい。第10号トンネルは、少しカーブした下り勾配。煉瓦造りのトンネルはしっかりと造られていて、まだまだ使えそう。
第10号トンネル【アプトの道】
続きを読む

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

2017年9月 ED421 電気機関車【碓氷鉄道文化むら】

2017年9月9日 碓氷鉄道文化むら(群馬県安中市松井田町)
ED421 電気機関車(ED42形式) <説明>
旧信越本線 横川~軽井沢間にある碓氷峠の急勾配区間の旧線にはラックレールが敷設され、歯車で駆動するアプト式の電気機関車が用いられていた。台車中央のモーターの回転を連結棒で動輪に伝える構造。屋根にはパンタグラフを備えているが、トンネルの狭さからアプト区間では第3軌条から集電するなど、さまざまな特徴を持っている。
ED421 電気機関車【碓氷鉄道文化むら】
続きを読む

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

FC2Ad