nKアーカイブ

旅行やドライブで撮り貯めた写真と、行く先々で生じた疑問を調べた「自由研究」を紹介しています。

2012年8月 明野のひまわりは9月上旬

2012年8月20日
明野ひまわりの里(筑西市 宮山地区)
益子町のひまわり畑を見たあと、筑西市に向けて南下。目的地に着くと、緑のひまわり畑が・・・。
スマホでWebをチェックすると、「あけのひまわりフェスティバル」は9月1日~9日。(一度見たはずのページ。完全に見落とした。)
明野のひまわり畑
※手前と奥に見える花は、キバナコスモス。

筑西市宮山

続きを読む

2012年8月 那珂のひまわり

2012年8月24日
那珂総合公園周辺(那珂市)  <花のアルバム>
8月25日に「なかひまわりフェスティバル2012」が開催される、那珂総合公園周辺のひまわり畑を前日に訪れた。

那珂のひまわり

那珂のひまわり

那珂のひまわり
続きを読む

2012年8月 益子のひまわり

2012年8月20日
ひまわり祭り(栃木県益子町上山) <花のアルバム>
お盆には「ひまわり」を見ることができなかったが、8月18日から「ひまわり祭り」が始まったのを聞き、夏らしい風景を求めて栃木県益子町を訪れた。

益子のひまわり

益子のひまわり

益子のひまわり

続きを読む

羽黒山からの霧降高原

2012年8月15日
お盆の自由研究
お盆に入ったら、あいにくの天気が続く。この時期、遠出をするのことは考えていなかったが、ずっと家にいると何処かに出掛けたくなる。天気も回復してきたので、那珂総合公園(那珂市)の近くにヒマワリ畑があるのを見つけて出掛けてみた。しかし、8月も中旬になるのに、ヒマワリはまったく咲いておらず引き返してきた。どうやら「ひまわりフェスティバル」が8月25日にあるそうで、それに合わせて植えたようだ。
お盆の唯一の楽しみが・・・。せめて、写真でも整理して、何処かに行った気分だけでも味わいたい。
そこで、自由研究の題材に選んだのが次の写真。

羽黒山からの日光連山
羽黒山(栃木県宇都宮市)富士見台周辺から撮影した日光連山。山々には、日本海側から押し寄せて、新潟・福島で雪を降らせたであろう、寒々しい雲がかかっている。

左:男体山、中央:大真名子山、右:女峰山
羽黒山からの霧降高原
2011年1月22日撮影

この写真を拡大すると、スキー場や道路と思われる箇所が、白く浮き上がってくる。「カシミール3D」と「Google Earth」を駆使して、写真の場所を特定してみた。

霧降高原
女峰山の中腹にあるのは、かつての霧降スキー場。現在は、霧降高原園地として整備されている。そこから横に延びる白い筋が、霧降高原道路。白く広い場所は、ゴルフ場や牧場であった。霧降の滝の観瀑台から、霧降高原園地のあたりが見える位置関係もよくわかる。
羽黒山からの霧降高原(説明)

上の写真の左側には、霧降高原道路の六方沢橋周辺から大笹牧場が見える。大笹牧場は、右下がりの尾根に沿って続いており、大笹山の麓の白い場所もその一部。鬼怒川は右にカーブして、山陰に隠れてしまうが、その先に鬼怒川温泉がある。

羽黒山からの霧降高原(説明) 続きを読む

2006年8月 ふくべ大滝

2006年8月3日

ふくべ大滝
ふくべ大滝(説明)は、白山スーパー林道の中間 標高900m付近にある、荒々しい岩壁を流れ落ちる落差86mの滝。

ふくべ大滝

ふくべ大滝


続きを読む

2012年7月 霧降の滝

2012年7月16日
霧降高原でニッコウキスゲを見た帰りに、霧降の滝を訪れた。

霧降の滝(栃木県日光市)
霧降の滝は、上滝(落差25m)と下滝(落差26m)からなる。上滝の滝口から下滝の滝壺まで75mの高低差がある。
この日、滝の背後に見えるはずの霧降高原は、雲が掛かって良く見えなかった。
霧降の滝
(拡大)

上滝
霧降の滝

下滝
霧降の滝

続きを読む

2008年6月 龍門の滝

2008年6月1日
龍門の滝(栃木県那須烏山市)
栃木県矢板市の里山を源流とする江川。その下流に、落差20m・幅65mの龍門の滝がある。

龍門の滝

龍門の滝

龍門の滝龍門の滝

続きを読む

2012年8月 新湯爆裂火口跡

2012年8月5日
新湯爆裂火口跡(栃木県那須塩原市湯本塩原)
日塩もみじラインを塩原側に下ると、奥塩原新湯(あらゆ)温泉 ※1 に至る。小さな温泉郷の斜面に、白く水蒸気が立ちのぼる爆裂噴火の跡がある。

新湯爆裂火口跡

奥塩原新湯温泉のバス停の向かいに共同浴場「寺の湯」あり、その奥に噴火口跡が見える。
新湯爆裂火口跡

新湯爆裂火口跡

共同浴場「中の湯」の前を通り新湯温泉神社(説明)に向かう途中に、もう一つの噴火口跡がある。
新湯爆裂火口跡

噴出口には、硫黄の結晶が見える。
新湯爆裂火口跡


爆裂火口噴煙展望所 続きを読む

(高原山)新湯爆裂火口跡~富士山~大沼

新湯(あらゆ)爆裂火口跡,富士山(ふじやま),大沼は、高原山を構成する前黒山の北麓に位置する。


大きな地図で見る

割れ目噴火
新湯爆裂火口跡~富士山~大沼は、下図の赤線のように一直線上に並んでいる。今から約6500年前に「割れ目噴火」が発生。その際の水蒸気爆発により「新湯爆裂火口跡」、溶岩ドームによる隆起で「富士山(写真)」が、「大沼」は割れ目噴火の跡に形成された。
地図 新湯~富士山~大沼
カシミール3D

続きを読む

2012年8月 白樺の丘(ハンターマウンテンゆりパーク)

2012年8月5日
白樺の丘 [アルバム]
ハンターマウンテンゆりパークのリフト降り場から、さらに上の斜面にもユリの花畑が広がっている。

ハンターマウンテンゆりパーク

ハンターマウンテンゆりパーク

ハンターマウンテンゆりパーク

ハンターマウンテンゆりパーク

ハンターマウンテンゆりパーク 続きを読む

2012年8月 ハンターマウンテンゆりパーク

2012年8月5日
ハンターマウンテンゆりパーク(栃木県那須塩原市) [アルバム]
「ゆりパーク」は、ハンターマウンテン塩原スキー場のゲレンデにつくられた、広大なユリの花畑。

ハンターマウンテンゆりパーク

山麓からリフトに乗りゲレンデ中腹へ登ると「みはらし展望台」があり、広大なユリの花畑「ゆり平原」(パノラマ写真)を眺めることができる。
ハンターマウンテンゆりパーク

ハンターマウンテンゆりパーク

ゆりパーク遊歩道 続きを読む

水戸市水道低区配水塔

2012年8月
水戸市水道低区配水塔(水戸市)
水戸市役所三の丸臨時庁舎の近くにある、国指定の登録有形文化財。
水戸市水道低区配水塔

昭和7年(1932年)の建築だそうだ。よく見ると、丸窓の上にまでレリーフがある。
水戸市水道低区配水塔

以前から気になっている建物だったが、なかなか訪れる機会がなかった。急な用事で市役所に出掛けたのでデジカメは無し。やむを得ずスマフォでの撮影を試みる。強い日差しで液晶画面が良く見えないまま、どうにか撮影できた。 続きを読む

FC2Ad