nKアーカイブ

旅行やドライブで撮り貯めた写真と、行く先々で生じた疑問を調べた「自由研究」を紹介しています。

2012年9月 コスモス(ひたち海浜公園)

2012年9月29日
ひたち海浜公園(ひたちなか市)にて撮影。

コスモス
コスモス

コスモス

2012年9月 クロアゲハ(ひたち海浜公園)

2012年9月29日
ひたち海浜公園(ひたちなか市)にて撮影。

クロアゲハ
クロアゲハ

クロアゲハ


続きを読む

2012年9月 ひたち海浜公園

2012年9月29日
ひたち海浜公園(ひたちなか市)
台風18号が通り過ぎ、台風17号が近づく中、つかの間の晴れ間が見える内に撮影に出掛けることにした。

大観覧車
大観覧車

キバナコスモスとシーサイドトレイン (HDR)
キバナコスモスとシーサイドトレイン

パンパグラス
パンパグラス

続きを読む

ジオラマ工房 「神戸空港」

神戸空港

神戸空港

神戸空港の駐車場


<ジオラマ系のアルバム>

HDR工房 「暗雲」

明石海峡大橋

暗雲

暗雲

<HDR系のアルバム>
続きを読む

2012年9月 平沢官衙遺跡

2012年9月22日
平沢官衙遺跡(つくば市)
平沢官衙(ひらさわかんが)は、奈良時代から平安時代にかけての常陸国筑波郡の役所跡。HDRの素材を求めて、あいにくの天気の中のお出掛け。雨に降られ、傘を差しての撮影となった。

平沢官衙遺跡

平沢官衙遺跡

今日の目的は、このアングルでの撮影。真ん中の建物の後方に、雲が掛かった筑波山が微かに見える。
平沢官衙遺跡

天気が悪い分、もう少し荒々しい雲を期待したのだが・・・。
今日の写真は、派手なHDR加工には向いていない感じ。

仕方が無いので
続きを読む

2012年9月 筑波山でHDR

2012年9月22日
筑波山(つくば市・石岡市)
曇り時々雨のあいにくの天気。麓から見る筑波山には、雲が掛かっている。普段なら、こんな天気の日に筑波山に行くことはないが、HDRの素材集めには面白いと思い、筑波スカイラインを通って「つつじヶ丘」に向かった。

筑波山ロープウェイ(つつじヶ丘から撮影)
筑波山ロープウェイHDR
「Reinhard'05」でHDR処理。 <加工前の写真>

筑波スカイラインを、つつじヶ丘から風返峠へ
筑波スカイラインHDR
「Reinhard'05」でHDR処理。 <加工前の写真>

風返峠から県道42号を石岡市十三塚方面へ
県道42号HDR
「Fattal」でHDR処理。 <加工前の写真>

木々に囲まれた薄暗い坂道も、きれいに仕上げることができた。これなら、杉並木の参道など、いろいろと応用できそう。HDR合成も控えめに使えば、自然な感じに仕上がり、いちいち他の写真と区別して扱わなくてもよさそう。でも、・・・。

やっぱり、物足りない。
続きを読む

HDRを試してみた(その2) 逆光の写真

逆光の写真をHDRで
HDR合成の手順は、RAW現像で露出を変えた3枚の写真を用意。その写真を「Luminance HDR」のトーンマップ処理で、「Mantiuk'08」「Fatal」「Durand」などオペレータ(処理モード)を選択、パラメータを調整して仕上げる。オペレータの選択やパラメータの設定によっては、エアブラシやCGで描いたような、不自然な仕上がりにすることもできる。どのように仕上げるかは、操作する人の意図によって大きく変わってくる。

今回は、今年の6月に「ひたち海浜公園」で撮影した、逆光の写真を、できるだけ自然な写真になるように仕上げてみた。

加工前の写真
みはらしの丘(ひたち海浜公園)

「Durand」で処理。逆光で黒くつぶれた草地が現れた。雲のディティルと空の青さは、弱まってしまった。
みはらしの丘(ひたち海浜公園)
pregamma_1_durand_spatial_2_range_2_base_4.4 ※パラメータ

加工前の写真
みはらしの丘(ひたち海浜公園)

「Mantiuk'08」で処理。草の緑が、ちょっとあせた感じ。色合いが上手く出せない。
みはらしの丘(ひたち海浜公園)
pregamma_1_mantiuk08_auto_luminancecolorsaturation_1
_contrastenhancement_1.71

加工前の写真
ひたちなか海浜公園

「Mantiuk'08」で処理。
ひたち海浜公園HDR
pregamma_1_mantiuk08_auto_luminancecolorsaturation_2
_contrastenhancement_1

さらなる加工 続きを読む

HDR(ハイダイナミックレンジ合成)を試してみた。

HDRについて調べると
少し前に、明暗差が大きく白飛びや黒くつぶれてしまう部分がある写真でも、複数の露出の写真を合成することで、見やすい写真に変えることができる「HDR(ハイダイナミックレンジ合成)」と云う技法があることを知った。簡単に使えるソフトがあるのか調べてみると、フリーのHDRソフト「Luminance HDR」が見つかった。早速、素材となる写真を用意して、HDRを試してみた。

8月に「明野ひまわりの里」で撮影した写真。肝心の「ひまわり畑」が、暗くて良くわからない。単純に写真を明るくすると、雲のディテールが白く飛んでしまう。
筑波山

「Luminance HDR」を使ってみた
そこで、写真のRAWデータから露出をプラス・マイナスに変え、露出を変える前とあわせて3枚の写真を用意。それを、フリーのHDRソフト「Luminance HDR」を使って、HDR(ハイダイナミックレンジ合成)を試して見た。まだ、「ひまわり畑」が、ちょっと暗い。あと、仕上がりが絵画風かな。
明野のひまわり

比較のため、「OLYMPUS Viewer2」のRAW現像を使い、アートフィルターの「ドラマチックトーン」で加工してみた。こちらは、「ひまわり畑」が明るく表現されたが、雲の表現が劇的過ぎる感じ。
明野のひまわり 続きを読む

2012年9月 ひたち海浜公園のコキア

2012年9月16日
ひたち海浜公園(ひたちなか市)
せっかくの3連休も、曇りがちのあいにくの天気。遠出するのはあきらめて、写真加工の練習素材を求めて、ひたちなか海浜公園を訪れた。

コキア
「みはらしの丘」を覆うように植えられたコキア(ほうき草)。よく見ると、緑のコキアも赤く色づき始めている。丘全体が真っ赤に染まるのが楽しみだ。

コキア(みはらしの丘)

コキア(みはらしの丘)

コキア(みはらしの丘) 続きを読む

ミニチュア風の南極観測船「宗谷」

昨年9月、本館展示の休止直前に訪れた「船の科学館」の屋上から撮影した、南極観測船「宗谷」を「GIMP2」を使ってミニチュア風に加工してみた。

南極観測船 宗谷

「ミニチュア(ジオラマ)風写真のアルバム」

続きを読む

反対側が透けて見える標識

よく見慣れた、友部JCTの標識。
友部JCTの標識

ある日、北関東道の友部JCTを通過する際に、反対車線の標識の文字が裏側から透けて見えることに気がついた。夜間に確認すると、投光器の光が標識を通り抜けている。
やはり、文字の部分に孔が開いているのは間違いない。

友部JCTの標識
※この標識は、友部JCTの手前1km。最初の写真と文字の位置が、少し異なる。
 右下に、「Utsunomiya」の文字が、部分的に読み取れる。

調べてみると、西日を背にした標識が逆光で見えにくくなるのを、裏側から光を透過せせることで見やすくする仕組みだそうだ。

他の標識も調べてみた
続きを読む

FC2Ad