nKアーカイブ

旅行やドライブで撮り貯めた写真と、行く先々で生じた疑問を調べた「自由研究」を紹介しています。

2013年7月 巡視船 PM31 あぶくま

2013年7月20日
小名浜港(福島県いわき市)にて

巡視船 PM31 あぶくま
巡視船 PM31 あぶくま

巡視船 PM31 あぶくま

巡視船 PM31 あぶくま


続きを読む

2013年7月 キハE130系気動車

2013年7月14日
水郡線 常陸大子駅にて

キハE130系気動車
キハE130系気動車

キハE130系気動車

キハE130系気動車


続きを読む

2013年7月 常陸大子駅

2013年7月14日

水郡線 常陸大子駅(久慈郡大子町)
駅舎は子供の頃に見た建物のままだが、駅前と同様、ホームのベンチやトイレはキレイにリュニューアルされていた。それでも、古い駅名標はそのまま残されていて良かった。これで、Suicaが使えるようになれば、いいのだが・・・。

常陸大子駅

常陸大子駅

常陸大子駅


続きを読む

2013年7月 C12187 蒸気機関車

2013年7月14日
水郡線 常陸大子駅にて

C12187 蒸気機関車 <説明>
水郡線 常陸大子駅前に静態保存されているC12187を、雨の降る中、傘を差して撮影。子供の頃、袋田駅前に保存されていた機関車。あれから40年経っているが、最近レストアされた車体はピカピカで、当時よりも状態が良い。

C12187 蒸気機関車

C12187 蒸気機関車

C12187 蒸気機関車 続きを読む

2013年7月 「峠の茶屋」の森林鉄道

2013年7月
峠の茶屋(栃木県那珂川町矢又)にて

八溝森林鉄道 峠の茶屋駅
国道293号の栃木・茨城の県境 伴睦峠の手前にある「峠の茶屋」。駐車場の脇に、森林鉄道らしいディーゼル機関車と貨車が保存展示されている。国道からはわからなかったが、線路は山の方に続いている。最近、敷設されたものだが、かなり本格的。

八溝森林鉄道

八溝森林鉄道

八溝森林鉄道

続きを読む

2013年7月 黄金の蒸気機関車

2013年7月14日
八溝スーパー(栃木県那珂川町馬頭)にて

協三工業製 15t級 蒸気機関車 <説明>
金色に塗られた協三工業製のB形タンクの蒸気機関車が、栃木県那珂川町馬頭の八溝スーパーの駐車場に那珂川清流鉄道保存会によって保存展示されている。金色のBタンクというと、HOゲージの真鍮製のキットのようだ。

協三工業製 15t級 蒸気機関車

協三工業製 15t級 蒸気機関車

協三工業製 15t級 蒸気機関車 続きを読む

2013年7月 EH500-34 電気機関車

2013年7月20日
常磐線 泉駅(福島県いわき市)にて

EH500-34 電気機関車
5月に水戸で撮影したEH500-34に再び出会った。前回と異っていたのは、「がんばろう東北」のペイント(?)が無くなっていたこと。
いつ動き出すのか? 泉駅への入線から約1時間、その動きを見守ることになった。

EH500-34 電気機関車

EH500-34 電気機関車

EH500-34 電気機関車
続きを読む

2013年7月 常磐線 泉駅 留置線の安中貨物

2013年7月20日
常磐線 泉駅(福島県いわき市)にて

タキ1200形貨車 & トキ25000形貨車
午前10時半過ぎの常磐線 泉駅。これから安中に向かう列車が、牽引機をまっている感じ。時間があったので、少し様子を見守ることにした。

タキ1200形貨車&トキ25000形貨車

タキ1200形貨車

トキ25000形貨車


続きを読む

2013年7月 D51946 蒸気機関車

2013年7月20日
いわき市石炭・化石館(福島県いわき市常磐湯本町)

D51946 蒸気機関車 <説明>

D51946

D51946

D51946

続きを読む

2013年7月 4トン バッテリー機関車と炭車

2013年7月20日
いわき市石炭・化石館(福島県いわき市常磐湯本町)

4トン バッテリー機関車 <説明>
4トン バッテリー機関車

4トン バッテリー機関車

炭車 <説明>
炭車

続きを読む

2013年7月 いわき市石炭・化石館 模擬坑道

2013年7月20日

いわき市石炭・化石館 模擬坑道(福島県いわき市常磐湯本町)
常磐炭田の採掘のようすが、手掘りの江戸時代末期から機械化の進んだ現代まで、現存する機材を交えて再現されている。

手ハンマーによる切羽

サイドダンプローダー

ロードヘッダー


続きを読む

2013年7月 いわき市石炭・化石館 化石展示室

2013年7月20日

いわき市石炭・化石館(福島県いわき市常磐湯本町)
リニューアルされてから初めて、いわき市石炭・化石館を訪れた。古生代から新生代まで、さまざまな化石標本が展示されている化石展示室は、期待以上のクオリティだった。

マメンチサウルスほか
マメンチサウルス(中央)

アロサウルス
アロサウルス

トリケラトプス
トリケラトプス
続きを読む

FC2Ad