nKアーカイブ

旅行やドライブで撮り貯めた写真と、行く先々で生じた疑問を調べた「自由研究」を紹介しています。

1987年10月 キハ183系 気動車 特急「北斗」【函館駅】

1987年10月1日 函館駅
キハ183系 気動車 特急「北斗」
翌年に青函連絡船が廃止される事を知り、北海道旅行を計画。9月30日の午後に水戸を出発、列車を乗り継ぎ青森へ。10月1日の午前0時過ぎ、青函連絡船は青森を出港。津軽海峡を渡り、午前4時半に函館に到着。函館駅には、特急「北斗1号」と「北斗3号」が入線していた。
キハ183系 気動車 特急「北斗」【函館駅】
キハ183系0番台 気動車

キハ183系 気動車 特急「北斗」【函館駅】
キハ183系0番台 気動車

キハ183系 気動車 特急「北斗」【函館駅】
キハ183系500・1500番台 気動車

キハ183系 気動車 特急「北斗」【函館駅】
キハ183系500・1500番台 気動車


当時の時刻表には、「北斗1号」のグリーン車はハイデッカータイプ(キロ182形500番台)とあるので、こちらは「北斗3号」と思われる。
キハ183系 気動車 特急「北斗」【函館駅】

<お出掛けメモ>
9月30日 15時過ぎに水戸を出発、水戸線で小山へ。東北本線に乗り換えて宇都宮に向かう。そこで東北新幹線「やまびこ77号」で盛岡へ。
20:21 盛岡に到着、1時間ほど待って21:36 盛岡発の特急「はつかり27号」で青森へ。当時の特急「はつかり」は583系・485系を使用していたが、「はつかり27号」は583系を使用した座席列車。東北新幹線と青函連絡船を結ぶ連絡列車のため、乗客が多く、しかも暖房が効きすぎていて、ちょっと息苦しかったのを覚えている。
青森には、翌 10月1日の0:05に到着。「はつかり27号」から乗り換えた乗客を乗せた青函連絡船は、0:20に青森を出港、4:25に函館に到着。
特急「北斗1号」は、4:42に函館を出発。8:29に札幌に到着。朝から定期観光バスのツアーで、1日しっかり札幌の市内観光を楽しむことができた。北海道2日目は小樽、3日目は洞爺湖・昭和新山を観光し室蘭へ。室蘭からはフェリーで茨城の大洗へ。後半はバスでの移動となり、鉄道の写真はわずかだった。


【これまでのnKアーカイブ】
1987年10月 旧手宮線 手宮機関庫(北海道小樽市)
http://nkarchive.blog.fc2.com/blog-entry-88.html
1987 旧手宮腺(廃線直後)


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道ぶらり旅へ 

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nkarchive.blog.fc2.com/tb.php/2105-124ce7bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad