FC2ブログ

nKアーカイブ

旅行やドライブで撮り貯めた写真と、行く先々で生じた疑問を調べた「自由研究」を紹介しています。

2014年12月 筑波山からの夜景

2014年12月22日 筑波山

筑波山からの夜景
夜景を見るために筑波山ロープウェイで山頂へ。秩父山系に日が沈むと、夕闇の中に富士山のシルエットが浮かび、暗くなるとともに関東平野に広がる夜景を眺めることができた。筑波山からから利根川に掛けて、茨城の田園地帯は明かりがまばらで、クルマのライトで道筋がわかる。その先に見える銀河の様な光の帯は、千葉の湾岸部から東京、そして埼玉へと続いている。

夕闇の富士山【筑波山からの夜景】

東京方向【筑波山からの夜景】

東京スカイツリー方向【筑波山からの夜景】


東京スカイツリー方向
左手にクリスマス仕様シャンパンツリーライティングの東京スカイツリー。中央に横浜のランドマークタワー。そのちょっと左に東京タワーと虎ノ門ヒルズ。右手のビルが、六本木 東京ミッドタウンのあたり。新宿副都心方向の写真は、ちょっとボケてしまった。
東京スカイツリー方向【筑波山からの夜景】


成田方向
筑波山からは関東平野の上空を行き交う航空機の灯火もよく見える。ちなみに写真中央の暗闇は、筑波山に連なる表筑波の山並み。
成田方向【筑波山からの夜景】

表筑波の山ごしに見える街の明かりは、霞ヶ浦湖畔 土浦の市街。その先の地平に広がる光の帯が、航空機が離発着を繰り返す成田国際空港の滑走路。
成田方向【筑波山からの夜景】

航空機は地上にある無線航空標識からの電波を目印に飛行している。茨城県北の大子VORTACからアプローチしてきた航空機は、阿見VOR/DMEを目指して南下。土浦上空を通過したところで、成田方向にターンする。
成田方向【筑波山からの夜景】


高島平団地川口芝園団地 ※訂正&加筆します
まさか遠く離れた建物の窓の形がわかる写真が撮れるとは思わなかった。しかも写っているのはどう見ても住宅団地。カシミール3D+グーグルアースで調べてみると、東京都板橋区 高島平団地埼玉県川口市 川口芝園団地であることがわかった。
高島平団地【筑波山からの夜景】
上の写真の手前の暗いところが利根川・江戸川に挟まれた千葉県野田市の辺り、その先が埼玉県の越谷市から川口芝園団地のある川口市。荒川を挟んで高島平団地の辺り、さらに東京都 練馬区・武蔵野市と続く。奥に見える丘は多摩丘陵だろうか、さすがにこの辺りの特定は難しい。

もとの写真がこちら、茨城県常総市石下の辺りを目印に撮影。写真中段 ちょっと下を横切るのが、国道294号バイパス。その上側、鬼怒川を挟んでオレンジ色の工業団地の灯り。中段ちょっと右上に、茨城県坂東市の市街地がある。ここまでは把握できるのだが、利根川より先は土地勘が無いのと目立ったランドマークが少なく難解。この辺は、もう少し調べて見たい。
常総市石下方向【筑波山からの夜景】

最初の1枚
ロープウェイの山頂駅に降り立つと展望台へ急ぐ。慌てて三脚をセットし、撮影開始。強い風にあおられ、三脚がばたつく。光が渦を巻いたようにブレてしまったが、それはそれでキレイなのでアップしてみた。この後は、三脚を押さえながらの撮影となった。
夕闇の富士山【筑波山からの夜景】


お出かけメモ
年末の忙しい時期なのだが、今日は代休を取った。筑波山から夕暮れの富士山を狙う予定だったが、家の用事が夕方まで掛かってしまい出発が遅れる。つつじヶ丘のロープウェイ駅に着いた頃には、関東平野は夕闇に包まれていた。
三脚を使った夜景の撮影は今回が初めて。しかも、出掛けに写真雑誌でちょこっと撮影法を確認しただけ。うろ覚えのセッティングで撮影開始。MFでピントをあわせてセルフタイマーで撮影開始。露出時間が25秒くらい掛かってしまうので、寒さをこらえてじっと待つ。途中、レストハウスの甘酒で暖を取りつつ、撮影続行。最初の撮影にしては、どうにかOKといったところ。


にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://nkarchive.blog.fc2.com/tb.php/1121-17d99ce3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)