FC2ブログ

nKアーカイブ

旅行やドライブで撮り貯めた写真と、行く先々で生じた疑問を調べた「自由研究」を紹介しています。

2010年8月 八滝・雷滝

2010年8月5日
高山村へ
米子大瀑布をあとに、今日の宿泊地長野県高山村に向かう。
国道406号を進み須坂市街を通過、山を背に丘陵の田園地帯が広がる高山村に入る。村の中心地は坂道に沿って、階段状に建物が並んでいる。

村の特産のりんご畑、実はまだ青く小さかった。
りんご畑

山あいから流れ出る松川、その川底は茶色い。ここも砂防ダムのようだが、崩れやすい地質なのか、ほぼ満杯の様子。
奥に見える赤い橋は、山田温泉近くの高井橋。この上流に、美しい紅葉で知られる松川渓谷がある。
高山村
なぜ、松川の石が赤茶色なのか?

八滝
松川渓谷を川に沿って上流にさかのぼると、山田温泉を過ぎたところに八滝がある。


落差180mの間に8つの滝壺があるとのことだが、木が生い茂り部分的にしか滝が見えない。
八滝
八滝の全景  中段・下段

八滝 上段

八滝 中段

雷滝
八滝をあとに、さらに松川渓谷の奥に進むと、雷滝がある。


道路脇 崖の上の狭い駐車場にクルマを停め、急な階段の遊歩道を下り、雷滝へ向かう。
雷滝への遊歩道
雷滝の案内板

遊歩道は滝の下をくぐり、裏側から滝を眺める「裏見の滝」となっている。
裏見の滝

滝の水量は多く、雷滝の由来でもある、轟音が響く。
雷滝1
滝口の激しい水流

雷滝

雷滝4

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://nkarchive.blog.fc2.com/tb.php/129-76b272f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)