FC2ブログ

nKアーカイブ

旅行やドライブで撮り貯めた写真と、行く先々で生じた疑問を調べた「自由研究」を紹介しています。

2008年6月 国鉄 ED40 アプト式電気機関車【鉄道博物館】

2008年6月25日 鉄道博物館

国鉄 ED40 アプト式電気機関車
旧信越本線 横川~軽井沢間にある碓氷峠の急勾配区間にあったアプト式区間のために、製造された国産電気機関車。屋根にはパンタグラフを備えているが、トンネルの狭さからアプト区間では第3軌条から集電するのは、ED42と同じ。大きく異なるのは、歯車を用いずを2基のモーターから連結棒により動輪とピニオンを駆動しているところ。
国鉄 ED40 アプト式電気機関車【鉄道博物館】

国鉄 ED40 アプト式電気機関車【鉄道博物館】

国鉄 ED40 アプト式電気機関車【鉄道博物館】


銅色の円盤がラック駆動系で、その奥に見える銀色の歯車がピニオン。
国鉄 ED40 アプト式電気機関車【鉄道博物館】

車体の下にあるピットから見上げたラックレール。ピニオンが切れていたのは失敗。
国鉄 ED40 アプト式電気機関車【鉄道博物館】

動輪の駆動系
国鉄 ED40 アプト式電気機関車【鉄道博物館】


国鉄 ED40 アプト式電気機関車【鉄道博物館】

国鉄 ED40 アプト式電気機関車【鉄道博物館】

国鉄 ED40 アプト式電気機関車【鉄道博物館】

国鉄 ED40 アプト式電気機関車【鉄道博物館】


<編集メモ>
当時最新の電動機と蒸気機関で培われた駆動系のハイブリッドといった感じ。ED40が製造された大正期は、リニア・鉄道館で見た、蒸気動車 ホジ6005形式など、ユニークな車両が多かったように思う。


<参考資料>
碓氷峠のアプト式電気機関車
http://ktymtskz.my.coocan.jp/yuge/hidaka5.htm


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道ぶらり旅へ 

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://nkarchive.blog.fc2.com/tb.php/1476-168b87cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)