FC2ブログ

nKアーカイブ

旅行やドライブで撮り貯めた写真と、行く先々で生じた疑問を調べた「自由研究」を紹介しています。

2014年1月 東京スカイツリーから見た 隅田川・荒川・綾瀬川・中川

2014年1月11日 東京スカイツリー
隅田川・荒川・綾瀬川・中川
綾瀬川の堀切菖蒲水門の時に作成した説明図をバージョンアップ。川の流れだけでなく、鉄道の路線図などを入れたみた。これだけ調べると、現地に行ってみたくなる訳で・・・。


説明図 綾瀬川【広域】
2014年1月11日撮影 <シンプル版>

隅田川・荒川 分岐
岩淵水門の手前で分岐する隅田川と荒川。岩淵水門より下流の荒川は、大正から昭和にかけて開削された放水路で、海まで22kmも続いている。
説明図 隅田川・荒川 分岐


綾瀬川
首都高速6号三郷線の建設に活かされた綾瀬川の直線的な流れは、江戸時代の新綾瀬川の開削が起源のようだ。古い流れは、自治体の境界線に残っているのも面白い。
説明図 綾瀬川【小菅・綾瀬・加平付近】

かつての綾瀬川は隅田川に合流していたが、荒川放水路の開削で流路が変更された。首都高速6号向島線の下、荒川と隅田川の間に旧綾瀬川が残された。
首都高 加平出入口・小菅JCT・堀切JCT


筑波山方向
手前は堀切から四ツ木にかけての荒川。葛飾の街並みを縫うように流れる中川。遠くに筑波山を望む。
説明図 筑波山方向(東京スカイツリーより)

さらにズームすると、下総台地の向こうに利根川の流域も見えてくる。
説明図 東京スカイツリーからの筑波山(拡大2)


中川・新中川の分岐
青砥周辺の中川と新中川の分岐。少し先に江戸川が流れ、その背後には下総台地が広がる。
京成電鉄 青砥駅周辺【東京スカイツリーより】

こちらは、荒川放水路の開削により取り残された旧中川。
墨田清掃工場(東京スカイツリーより)

中川の流れは、合流した綾瀬川の水を合わせて、荒川と平行しながら海へと導かれている。
荒川・中川 河口


<参考資料>
綾瀬川の歴史・文化 【江戸川河川事務所】
http://www.ktr.mlit.go.jp/edogawa/edogawa00340.html

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ 

テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://nkarchive.blog.fc2.com/tb.php/1687-5cf3b1aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)