FC2ブログ

nKアーカイブ

旅行やドライブで撮り貯めた写真と、行く先々で生じた疑問を調べた「自由研究」を紹介しています。

2012年5月 高原山 八方ケ原のアカヤシオ

2012年5月19日
高原山 八方ケ原(栃木県矢板市)
週末の天気は「晴れ」、山からの眺望とツツジを期待して、高原山 八方ケ原を目的地に定めた。矢板市の<八方ケ原観光情報>で、ツツジの開花状況を確認。アカヤシオが終わりを迎え、他のツツジはこれからという感じ。それでも、いくつかあるハイキングコースの内、大間々からミツモチ山への「青空コース」だけは、アカヤシオが期待できそう。

高原山(矢板市下太田で撮影)
矢板からの高原山

大間々駐車場の展望台から望む八方ヶ原。眼下にツツジの群生地が広がっているが、開花はまだまだ先の様子。東の八溝山は霞んで見えづらかったが、北にわずかに残雪を残す那須岳を望むことができた。
那須茶臼岳

青空コース
青空コース<案内板>(2.9km)は、大間々駐車場からミツモチ山に続くハイキングコース。幅の広い砂利道で、アップダウンもゆるやかで歩きやすい。(久々の山歩きには、ちょうど良かった)
芽吹いたばかりの木々の合間に、アカヤシオの花を眺めることができた。

<アカヤシオ>
釈迦ヶ岳<説明板>を望むことができる斜面に、大きなアカヤシオを見つけた。
アカヤシオと釈迦ヶ岳

アカヤシオ

ミツモチ山まで、あとわずか。見晴らしの良い、草地が広がった。
ミツモチの手前


ミツモチ山
写真撮影と昼食をはさんで、大間々駐車場から1時間半ほどで到着。
ミツモチ山の展望台は、大田原~宇都宮~日光連山方向の視界が開けているが、今日は霞んでいて遠くはほとんど見えない。

矢板市と大田原市(野崎)の境を流れる、箒川の流域。整然と区画された水田が光を反射して、大きな川のように見える。
矢板周辺

日光連山方面は雲が多く、霞んでいた。
日光連山


<ミツバツツジ>
ミツモチ山の展望台の近く、やしおコースの入口付近で見つけた、ミツバツツジ。
ミツバツツジ

やしおコースを帰路に考えていたが、ツツジも今はこれくらい。途中の連絡路で青空コースに戻った。ゆるい登り坂が続いたが、残り1kmは下り坂。1時間ほどで、大間々駐車場に戻ることができた。大間々周辺で新緑の木々を撮影した後、山を下った。

<ヤマツツジ>
学校平まで下ると、道端にミツバツツジが咲き始めていた。さらに、県道56号線を矢板方向に下っていくと、ヤマツツジの赤い花が新緑の木々の間に咲いていた。
ヤマツツジ


<参考資料>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://nkarchive.blog.fc2.com/tb.php/176-33ffe827
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)