FC2ブログ

nKアーカイブ

旅行やドライブで撮り貯めた写真と、行く先々で生じた疑問を調べた「自由研究」を紹介しています。

2008年6月 龍門の滝

2008年6月1日
龍門の滝(栃木県那須烏山市)
栃木県矢板市の里山を源流とする江川。その下流に、落差20m・幅65mの龍門の滝がある。

龍門の滝

龍門の滝

龍門の滝龍門の滝


この日の龍門の滝は水量も多く、迫力のある滝の流れを見ることができた。
龍門の滝

<撮影メモ>
滝の上流の川岸は、コンクリートの護岸で覆われている。低い位置からの撮影でないと、どうしても護岸が写り込んでしまう。川岸に沿って遊歩道のフェンスや町道のガードレールがあるが、こげ茶色に塗られているので、かろうじてOKといった感じ。その奥には、JR烏山線が通っており、タイミングが良ければ、ディーゼルカー(写真)と滝を一緒に写真に収めることができそう。

<お出掛けメモ>
最寄り駅は、JR烏山線の滝駅。徒歩でも5分程度。クルマだと、国道294号か県道10号から町道に入り、道なりに進む。滝駅の近く、江川の川岸に駐車場が整備されている。
江川に掛かる橋を渡ると、右手に太平寺(写真)があり、左手に龍門の滝に続く、遊歩道がある。遊歩道の坂道を下りながら、さまざまなポイントから滝を眺めることができる。川の中にもコンクリートの大きなブロックで作られた歩道があり、反対岸まで歩いて渡ることができる。

どうくつ酒蔵
太平洋戦争の末期、戦車を製造するために建設された地下工場の洞窟が、日本酒を熟成するための貯蔵庫として利用されている。(下の地図の神長住宅のあたり)
土日や祝日など、酒の仕込み時期などを除いて、開放日には中を見学することができる。洞窟内は年平均で10℃前後、2011年のお盆の頃に見学したが、真夏日だったこの日も洞窟内は涼しかった。(残念ながら、この時の写真は無し。)



大きな地図で見る


<参考資料>
龍門の滝(那須烏山市のHP)
http://www.city.nasukarasuyama.lg.jp/9,1350,40.html

JR烏山線復刻塗装車両
http://www.city.nasukarasuyama.lg.jp/9,6580,40.html

那須烏山市 近代化遺産
東京動力機械製造(株) 地下工場
http://www.city.nasukarasuyama.lg.jp/.../20091215-164035.pdf

清酒 東力士 どうくつ酒蔵(株式会社 島崎酒造)
http://www.azumarikishi.co.jp/index.shtml

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://nkarchive.blog.fc2.com/tb.php/218-15818c4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)