FC2ブログ

nKアーカイブ

旅行やドライブで撮り貯めた写真と、行く先々で生じた疑問を調べた「自由研究」を紹介しています。

羽黒山からの霧降高原

2012年8月15日
お盆の自由研究
お盆に入ったら、あいにくの天気が続く。この時期、遠出をするのことは考えていなかったが、ずっと家にいると何処かに出掛けたくなる。天気も回復してきたので、那珂総合公園(那珂市)の近くにヒマワリ畑があるのを見つけて出掛けてみた。しかし、8月も中旬になるのに、ヒマワリはまったく咲いておらず引き返してきた。どうやら「ひまわりフェスティバル」が8月25日にあるそうで、それに合わせて植えたようだ。
お盆の唯一の楽しみが・・・。せめて、写真でも整理して、何処かに行った気分だけでも味わいたい。
そこで、自由研究の題材に選んだのが次の写真。

羽黒山からの日光連山
羽黒山(栃木県宇都宮市)富士見台周辺から撮影した日光連山。山々には、日本海側から押し寄せて、新潟・福島で雪を降らせたであろう、寒々しい雲がかかっている。

左:男体山、中央:大真名子山、右:女峰山
羽黒山からの霧降高原
2011年1月22日撮影

この写真を拡大すると、スキー場や道路と思われる箇所が、白く浮き上がってくる。「カシミール3D」と「Google Earth」を駆使して、写真の場所を特定してみた。

霧降高原
女峰山の中腹にあるのは、かつての霧降スキー場。現在は、霧降高原園地として整備されている。そこから横に延びる白い筋が、霧降高原道路。白く広い場所は、ゴルフ場や牧場であった。霧降の滝の観瀑台から、霧降高原園地のあたりが見える位置関係もよくわかる。
羽黒山からの霧降高原(説明)

上の写真の左側には、霧降高原道路の六方沢橋周辺から大笹牧場が見える。大笹牧場は、右下がりの尾根に沿って続いており、大笹山の麓の白い場所もその一部。鬼怒川は右にカーブして、山陰に隠れてしまうが、その先に鬼怒川温泉がある。

羽黒山からの霧降高原(説明)
栗山ダム
月山の背後には、栗山ダムがある。堤高97.5mのロックフィルダムで、下流の今市ダムと組合わせて、揚水発電が行われている。それにしても、これだけ標高の高い場所に、よくダムを作ったものだと思う。それ以前に、山の上にダムを作ろうという発想がすごい。
谷間の雲を挟んで背後に見えるのは高原山。鶏頂山開拓と思われる農地にビニールハウスが並んでいるのが見える。
栗山ダム
2012年7月16日 霧降高原園地 第3駐車場より撮影

栗山ダムの左手の山が月山。その奥には、高原山が見える。左奥に見えるのは、塩原の先にある日留賀岳。
栗山ダム周辺の山々
2012年7月16日 霧降高原園地 第3駐車場より撮影


次は、何処へ行こうかな



書店の棚に、並んでいたのを手に取ってみた。
「展望ハイク」から「山頂駅ハイク」や「クルマでハイク」など、お手軽なコース。山々の風景に加えて、すべてのコースに季節の花が掲載されている。眺めるだけで楽しい感じがして、迷わずレジにむかった。

本を眺めながら、次に遠出する場所を検討中。まだまだ暑いので、高原の風景が展望できるところが良いな。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://nkarchive.blog.fc2.com/tb.php/222-9f2e34c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)