FC2ブログ

nKアーカイブ

旅行やドライブで撮り貯めた写真と、行く先々で生じた疑問を調べた「自由研究」を紹介しています。

2017年9月 日本銀行所有 マニ30形 荷物客車【小樽市総合博物館】

2017年9月23日 小樽市総合博物館
マニ30形 荷物客車
積み荷はもちろん日本銀行券(紙幣)。当初は荷物列車や客車列車に、最後は高速貨物列車に併結されて運行されたが、トラック輸送への切り替えに伴い、その役目を終えた。その存在を知ったのは半年ほど前、まさかすぐに実物に出会えるとは思っていなかった。
マニ30形 荷物客車【小樽市総合博物館】

こちらの妻面に貫通扉は無く、荷物室の扉にも窓は無い。小さな窓は、もちろん防弾ガラス。
マニ30形 荷物客車【小樽市総合博物館】

荷物室の奥のドアは車掌室。通常と違って、車掌室と荷物室の間は行き来できない。
マニ30形 荷物客車【小樽市総合博物館】

荷物室
車両の両端にある荷物室。現金輸送の様子が再現されてる。ケースはしっかりと鎖で固定されているがプラスチック製、ジュラルミンじゃないんだ・・・。
マニ30形 荷物客車【小樽市総合博物館】

マニ30形 荷物客車【小樽市総合博物館】

マニ30形 荷物客車【小樽市総合博物館】

マニ30形 荷物客車【小樽市総合博物館】

P9231392TN_R2017.jpg


警備員添乗室
両サイドの荷物室に挟まれて警備員添乗室がある。警備に必要な監視装置だけでなく、長時間の乗車に備えて簡易な台所や寝台設備を備えている。
マニ30形 荷物客車【小樽市総合博物館】

マニ30形 荷物客車【小樽市総合博物館】

監視装置のモニタ
マニ30形 荷物客車【小樽市総合博物館】

寝台設備は、14系のA寝台とほぼ同じ。
マニ30形 荷物客車【小樽市総合博物館】


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道ぶらり旅へ 

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://nkarchive.blog.fc2.com/tb.php/2472-247dc309
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)