FC2ブログ

nKアーカイブ

旅行やドライブで撮り貯めた写真と、行く先々で生じた疑問を調べた「自由研究」を紹介しています。

2014年5月 ターンスタイルの自動改札機【地下鉄博物館】

2014年5月31日 地下鉄博物館
ターンスタイルの自動改札機(再現品)
昭和2年(1927年)上野~浅草間で開業した日本最初の地下鉄で使用された自動改札機。開業当初は運賃が10銭均一で、料金箱に10銭を入れると、十字の横木が90度回転し1人が通過できる仕組み。路線の延長で料金が均一でなくなるまでの期間使用されたそうだ。
ターンスタイルの自動改札機【地下鉄博物館】

ターンスタイルの自動改札機【地下鉄博物館】

そうそう、ニューヨークの地下鉄では窓口で購入したトークンと呼ばれるコイン型の代用貨幣を投入するタイプの自動改札が2003年まで使われていたそうだ。


第三軌条集電装置
地下鉄 銀座線では、給電用に敷設された第三のレールから、台車に取り付けられた集電靴で電気を取り入れる方式が採用された。写真は第三軌条集電装置を取り付けた台車。
第3軌条集電装置

第3軌条集電装置【地下鉄博物館】

第三軌条集電装置【鉄道博物館】
鉄道博物館にて 2018年9月3日 撮影

第三軌条集電装置【鉄道博物館】
鉄道博物館にて 2018年9月3日 撮影

第三軌条集電装置【鉄道博物館】
鉄道博物館にて 2018年9月3日 撮影

2018年9月3日 鉄道博物館
打子式ATS(地上子) 
機械式のATS(自動列車停止装置)。赤信号の際には地上子の打子が上がって、車両が速度を落とさないで通過すると車上子が接触してブレーキがかかる仕組みだそうだ。
打子式ATS【鉄道博物館】

打子式ATS【鉄道博物館】

打子式ATS【鉄道博物館】

打子式ATS【鉄道博物館】


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道ぶらり旅へ 

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://nkarchive.blog.fc2.com/tb.php/3283-e4390df4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)