FC2ブログ

nKアーカイブ

旅行やドライブで撮り貯めた写真と、行く先々で生じた疑問を調べた「自由研究」を紹介しています。

真岡の謎の塔

2009年1月3日 箱根駅伝も終わり、ちょっぴり暇を持て余したので、家族で北関東自動車道(以下、北関)の上三川(かみのかわ)ICまでドライブへ。茨城と栃木が北関でつながってから、初めての栃木。

茨城・栃木県境のトンネルを抜けると、大きくカーブした北関の先に、雲がかかった男体山が見える。
北関からの男体山

ズームで男体山を撮影。と、変わった形の建物の存在に気づく。
ズームで撮影した男体山

建物の最上階が、なんとなく中国の仏塔(パゴダ?)のような形。火をつけると塔が伸びる中国製の花火とかランタンで見るようなデザイン。
謎の塔

最初は、展望台? 美術館?など、公共施設を中心に検索。似たような形の体育館も見つけたが、高さが違う。改めて、見えた方角を確認し、航空写真から建物を特定。
真岡第一工業団地にある、千住金属工業(株)栃木事業所の管理棟だそうです。

真岡ICのあたりまで来ると、高原山がよく見える。
真岡IC付近からの高原山

上三川ICで北関を下り、近くの大規模ホームセンターの屋上駐車場へ。実は、ここからの眺望を期待してのドライブ。
が、送電線や隣接するショッピングセンターが邪魔でよく見えない。目論見が見事に外れた、残念。
上三川付近からの高原山

特に買い物もないので1フロアをちょっと眺めただけ。コーヒーブレークの後、再び北関に乗り帰路に着いた。

鬼怒川を渡ると、筑波山が見えてきた。「晴れたら、富士山が見えるんじゃないか」などと話しつつ、そろそろ栃木県ともお別れ。
北関・東行き 真岡付近からの筑波山

県境のトンネル。「←茨城県・栃木県→」的な感じの表示があるが、うまく写らなかった。
茨城・栃木県境のトンネル


<豆知識>
あの塔は何角形
千住金属工業(株)栃木事業所の管理棟は八角形。(以前は、HPに管理棟が写っている写真があったのですが、リニューアルされていて確認できませんでした。)

東京都足立区の千住大橋の近くにある本社ビルも同じような建物(こちらは六角形)で、石洞美術館が併設されている。本社ビルは、入江三宅設計事務所による設計(2005年)。どちらも、こだわりが感じられる建物です。

コメント

以前から・・・

宗教施設巡りが大好きで、以前からあの八角形の建物が気になっていました。

  • 2018/09/16(日) 06:23:52 |
  • URL |
  • 握り君 #dOcone5o
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://nkarchive.blog.fc2.com/tb.php/4-d6866a50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)