FC2ブログ

nKアーカイブ

旅行やドライブで撮り貯めた写真と、行く先々で生じた疑問を調べた「自由研究」を紹介しています。

2013年7月 那珂川清流鉄道保存会

2013年7月14日

那珂川清流鉄道保存会(栃木県那須烏山市)
ここには、軌間1067mmから381mmまでさまざまな鉄道車両を静態・動態で保存されている。敷地内を一周する線路が敷設されていて、毎月第3の土日には体験運転のイベントが行われているそうだ。

那珂川清流鉄道保存会

10トン半キャブ&14系 客車

那珂川清流鉄道保存会


アルナ工機製DL SLタイプ
この日はイベント日では無かったが、運転の方が駆けつけ、乗客を乗せての体験運転。この時は線路上に車輌が多く、800m近い線路をほぼ一周してたところで行き止まり、バックでもとの位置に戻っていった。保存車輌の数が多い(写真)ので、周回コースを確保するには、手間が掛かりそう。

アルナ工機製DL SLタイプ

アルナ工機製DL SLタイプ

アルナ工機製DL SLタイプ

アルナ工機製DL SLタイプ


<お出掛けメモ>
那珂川清流鉄道保存会は、国道294号の上大桶交差点からすぐの八溝会館の敷地内にある。入口の門をくぐると、すぐに線路が横切っているので驚いた。右手に進むと駐車スペースがある。料金の案内表示があったが券売所らしきところに人影無し、スタッフの方を見つけ敷地の中ほどにある事務所に向かう。
入場料金1000円を支払うと切符(硬券)を渡され、カチンと鋏を入れて貰ってから見学開始。蒸気機関車やディーゼル機関車、客車や貨車まで、幅広く保存されている車輌をじっくりと見学。
周辺に関連の展示施設もあるので、続けてそちらにむかった。


<地図>

大きな地図で見る


<参考資料>
那珂川清流鉄道保存会
http://www.ns-tetsudo.com/


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://nkarchive.blog.fc2.com/tb.php/532-a4fe0456
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)